プレスラインを跨ぐ大きなヘコミ☆TOYOTA SIENTA

千葉市よりデントリペアご依頼の

トヨタ シエンタ☆

バックゲート左下部にナンバープレートとほぼ同等の大きさの

擦り傷の多いヘコミ。。。

オーナー様ご自身がぶつけた訳ではなく、気がついたらこんなに

大きく凹んでいたそうです!(驚)

TOYOTA SIENTA before

TOYOTA SIENTA before

さすがに運転中にここまで凹めば気がつきますので、

おそらく停車中にぶつけられたようです?

もちろん当てた車両は気がついた筈ですが、どこに行ったのでしょうね??

幸い塗装面に大きなダメージはなくコンパウンドでポリッシュすると

綺麗な塗装面になりました☆

とは言え、もちろん問題なのはこのヘコミ。。。。

プレスラインを境に上下に大きなうねりを持つこんなヘコミのリペアは

鉄板が伸びてしまっていることが多くリペアにはヘコミを見極める

技術が必要になります。

伸びてしまったパネルにできた歪みを専用のポンチを使い元の場所に

戻していきます。

リペア中の殆どはこの鉄板を動かす作業が9割を占めます。

ひたすらポンチングを繰り返して、

元にある場所に鉄板が動けばあとは軽く裏から押してあげるだけで

凹んだパネルは綺麗に元通りに☆(喜)

あとは全体のバランスを取ればバッチリ完成ですっ!

TOYOTA SIENTA after

TOYOTA SIENTA after

文章では簡単そうに思えますが、実際のリペアには長年の経験と技術が

必要になりますので、くれぐれもお試しにならないように。

ご自分でリペアして手遅れになる前に専門店でのリペアをオススメいたします!

デントリペアでの修復なら経年変化によるパテ痩せや色の劣化もなく

短時間でお安くリペアできますよ☆

スッキリしたパネルに戻りオーナー様の凹んだ気持ちも元通りですね(笑)!!

ご依頼ありがとうございましたっ!!(感謝)

デントリペア・ガラスリペア専門店 Dent MAX

http://www.dentmaxjapan.com/

Dent MAX デントリペア・ガラスリペア施工例

http://www.dentmaxjapan.com/ex/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す