軽量化された薄いボディの現代車、うっかり体重をかけたりして出来た凹みありませんか?

こんにちは!

雨が続きなかなかすっきりしない天気ですね。

場所によっては雹も降っているとか??

こんな時期は洗車もできない日々が続いて洗車マニアの皆様はストレスが溜まるのではないでしょうか?

さてそんな梅雨の合間をぬっての洗車の時は注意が必要かもしれません。

近年の車の特徴として車体を軽くするためでしょうか、ボディが非常に薄くできています。

もちろん衝突時の安全は確保されているのですが、外側は非常に薄い・・・・

特に最近でたお車ではルーフサイド(ピラー)と言われる屋根の部分、うっかり手をかけ軽く体重を

掛けようものなら・・・・

ボコボコ凹みます(汗)

手をつくときは屋根のモール部分にそっと体重を掛けましょう・・・

それでも凹んでしまった時はデントリペアで!

Dent MAX JAPANなら一般的に工具の入らないルーフサイドや2重構造の部分なども雹害車修復の技術を

もとに通常のデントリペア同様に修復することができます。

まさかの時にはお気軽にご相談ください!!

 

20140602_124732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デントリペア・ガラスリペア専門店 Dent MAX

http://www.dentmaxjapan.com/

Dent MAX スケジュール

http://dentmaxjapan.com/schedule

Dent MAX JAPAN Facebook

https://www.facebook.com/dentmaxjp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2 thoughts on “軽量化された薄いボディの現代車、うっかり体重をかけたりして出来た凹みありませんか?

    1. チバ11様

      今回はご依頼ありがとうございました!

      バイクのタンクに限らずリペアできなかった時の気持ちの凹み加減は

      オーナー様以上かもしれません・・・(^_^;)

      今回は完璧にリペアでき、最高の気分でした。

      また何かあったらお問い合わせください。

      できるだけご期待に添えるように頑張ります。

      ありがとうございました!

コメントを残す