鈑金塗装では色合わせが難しい時はテンドリペア

こんにちは!
お店の看板、やっと取り付けました!

IMG_1603
以前お話ししたステンシルプレートで作成☆
なかなか大変だったんです。
何しろステンシルプレートの文字が1枚ずつなので、1行に同じ文字を使うときは1回の塗装では終わりませんでした。
しかも完全に乾かないと剥がせなかったんです。
途中で剥がしてマスキングして再度次の文字なんて簡単にスプレーしたら、乾いてない場所のマスキングが
塗装とペタリ・・・剥がれなくなっちゃったり(T_T)
結局、通常作業の天気のいい日を見計らい1週間も掛かりました。

本日、ご紹介の1台は八千代市よりご依頼のマツダMPVです!

IMGP0118
アメリカでよく見かけそうなゴールド系のボディーカラーにこれまたアメリカンなホイールがマッチした1台。
ハワイに1回だけしか行った事ないんで想像ですけど(^^ゞ
メッキのキラキラな目立つホイールのすぐ脇に5cmの縦長のヘコミ。

IMGP0114
こんなボディーカラーだと鈑金塗装では色合わせが大変そうです。
デントリペアなら塗装を必要としないので、最高の修理方法ですね!
凹み方はやんわりでリペアには時間が掛からなそうな感じ。
タイヤハウス内のクリップを何個か外しカバーをめくってデントリペアツールをアクセスさせます。
ここまで準備ができればこの凹みはあっ!という間です。
縦長の凹みに沿って上下に何往復かして凹みを裏から押し出します。
20分程で凹みのリペアは完了☆

IMGP0116
以前も当店をご利用のお客様は改めて当店の仕上がりにご満足頂けたようで一安心。
ちなみに以前の雹害車のデントリペア出張中の場所で同じ時期に同じ場所でお客様もお仕事されていたようで、現地の話で盛り上がっちゃいました!
そっちの方が長かったりして(^^)
盛り上がって楽しかったです。

数年ぶりのご来店ありがとうございました。

作業時間 30分 工賃 19,940円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す