プレスラインの小さいキズありヘコミはデントリペアOK!

こんにちは!!
ご案内です☆
当店の店の前の道路は少し坂になっています。
お越しになる方向によっては下りで少し速度がでるのか、通り過ぎることがあるようです。
歩道橋の脇が当店ですので歩道橋が見えたら少しスピードダウンでお願いします。

ご紹介のお車は千葉市よりでデントリペアご依頼の三菱eKスペースカスタム。

IMGP0113
いかにもフロント周りは最近の三菱的なイメージ?
デリカD:5もこんな雰囲気ですね。
ヘコミの方は助手席フロントフェンダーに2cmのヘコミ。
少し鋭角気味のプレスラインに鋭く凹んでいる状態。
しかも周囲は少しキズが入っていました。

IMGP0108
デントリペアツールのアクセスはボンネット内部からイケると考えましたが甘かったです。
隙間なさすぎ・・・(^_^;)
がんばってツールを変えてみるもヘコミにアクセスはできません・・・
仕方なくタイヤハウス内のカバーを外し、タイヤ側から真上にツールをアクセスします。
ちょっと手元からツール先端が遠いので先端を滑らさないようにしっかり固定しながら
先端はデリケートに移動させヘコミを少しずつ押し出します。
本来はできるだけ手元とヘコミは近い方がスムーズにリペアができるのですが、
今回は手元とヘコミが遠かった割にツールが動かしやすかったです。
プレスライン&鋭くちょっぴり深めのヘコミってことで通常より慎重にリペア。

IMGP0110
ヘコミが綺麗になくなると、ボディのキズも磨きやすいですね☆
綺麗にキズも消えましたよ。
当たり前ですが凹んでる時より凹みが消えた後の方がキズはあっさり消えます☆
プレラインはボディの重要なデザインですね。
平らなパネルと比べると、そこに凹みがあると同じ大きさのヘコミだと断然目立ちます。
デントリペアで修復なら比較的、安く短時間でリペアできると思います。
どうしようかとお悩みならお気軽に当店へご相談ください☆
ご依頼ありがとうございました!!
施工時間 30分 工賃 12,960円(脱着工賃込)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す