デントリペアご依頼時の塗装のキズはそのままでOKです!

こんにちは!
なんだか最近は小さい凹みのご依頼が多いですね。
少しのヘコミも気になる!!なんて方が多いかな?
皆さんお車を大切にしているって事なんでしょうか?
でも、大きいヘコミのご依頼が少ない(。´・ω・)?
塗装に傷のない凹みなら大きさにかかわらずお気軽にご相談ください。
もちろん多少に傷があっても凹みを綺麗にしたい!なんてお客様も大歓迎。
お車の凹みでお困りなら取りあえずご相談くださいね。

本日の1台は東京都日本橋よりデントリペアご依頼のホンダN-BOX

赤いボディカラーは画像も映えますね☆おまけに赤い車って自分では乗った事がないからいつも新鮮に感じます。

IMG_1707
ヘコミの場所は助手席ドアの上よりに2cmの横長の凹み。
かなり擦れて出来た凹みのようで、塗膜にキズが付いていました。
画像右から左へ擦れたようで、右側がかなり深めのくっきりヘコミ。
傷はそんなに深くないし塗装が完全の剥がれた訳ではないので凹みだけキレイになればかなりわからなくなりそうなので
デントリペアで綺麗にするのは有効だと思います。
周囲の歪みも殆どなかったので、窓枠から隙間を作りデントリペアツールを凹みの裏にアクセスさせます。
今回は特に表からポンチングすることもなくひたすら横長の凹みに沿ってデントリペアツールを動かしていきます。
この押し方も何種類もあるわけですが、今回はトルクを掛けながらジワリジワリって感じでしょうか?
そうすれば、周囲の鉄板も素直に凹みに追従して動いてくれますので、リペア跡は歪みもでなくバランス取りのポンチングも
必要ないので素早くリペアする事が可能です。
凹みは一撃!で出来ますが、デントリペアは何回も裏から押す訳ですが、本来は出来るだけ押す回数が少ない方がいいに決まってます。
余計なところは押さず・叩かず、短時間でスピーディーに塗装の肌も再現しリペア完了。

IMG_1703
パネルが完全にフラットになった所で初めてキズを消すためにポリッシャーを掛けます☆
やはり凹んだ状態でポリッシュしてもあまり綺麗にキズは消えてくれないので出来るだけ最後にしましょう。
そうすれば磨く加減も最小限、出来るだけクリアを削らないようにしてあげた方がお車にも優しいですよね?
今回のヘコミのキズは綺麗に消えました!!

IMG_1706
皆さんも塗装に磨けば消えそうなキズのあるヘコミの時はコンパウンドはほどほどしてデントリペアでリペアできそうなら
そのままお車をお持ちください。
もちろんリペアに伴うポリシングは料金に含まれます☆
ご依頼ありがとうございました!!
作業時間 30分 工賃 12,960円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す