デントリペアはツールアクセスが大事!

あ!っという間に12月になってました!
店舗移転で綺麗だった店内も一瞬で散らかったので
すでに年末の大掃除が必要そうな当店です(+_+)
皆さんはお掃除のご予定決めましたか?

千葉県市川市よりデントリペアご依頼のスバルフォレスター!

p1
スイマセン画像はイメージです。撮り忘れ・・・・・
助手席側リアフェンダーにプレスラインをまたいで出来た4cmのヘコミ。

IMG_2042
コレ、画像で見るより深く何かがめり込んだようなカンジ。
しかも凹んだ時の衝撃が大きかったようで、凹みの下のプレスラインも超えて
衝撃波が伝わり盛り上がっていました。
正確な凹みの場所はリエフェンダーのリアドア寄りの上部ですっ☆
通常、リアフェンダー前方に出来た凹みはドアのようにガラスを下げて隙間を
作ってデントリペアツールをアクセスさせるんですが、内装のパネルがある為にツールをアクセスさせる隙間はありませんので、内装のパネルを外す必要があります。
もしくはテールランプを外すと数センチの配線を通す穴が開いていますのでそこからデントリペアツールを凹みの裏にアクセスさせます。
ただあまり凹みがリアドア寄りだとボディ内部は2重構造でツールを入れる隙間はありません。
デントリペアは出来るだけ手元に近い場所の隙間からデントリペアツールをアクセスさせる必要があります。
なぜなら長い棒は皆さんも扱いにくいですよね?
できるだけ短いツールで至近距離から見ながらリペアが一番スムーズなんです!
内装をテキパキと外しますが、この時はお客様は見てないほうがいいカモ💦
意外とパネルの結合部を外すときはバキッとか大きな音がするのでビックリさせちゃうんですよね(/ω\)
はいッ!!外した画像はありません!!撮り忘れ・・・・
集中しだすと画像をいつも忘れちゃいます・・・
が、やっぱり2重構造でデントリペアツールは入りませんでした。
結果、テールランプを外しての作業となりました。
初めからテールランプを外したほーが早いじゃんっ!!ってツッコミは無しにして💦
正確に綺麗に当店のリペアクオリティで仕上げるなら少しでもリペアしやすい状態を確保するのも大事な事なんです!

IMG_2043
凹みが深く衝撃も大きかった事から作業は少し時間が掛かりましたが、お待たせしただけの事はあって仕上がりにはご満足いただけました。
しかもパネルが狭い場所で張りがあるし、プレスライン2本も掛かってる凹みだし・・・・
ホントは凹みのリペアの解説だけでずっと掛けちゃうので今日はこの辺で☆
作業時間 90分 工賃 19,440円

 

12月です!年末デス!お車のお手入れしていますか??
愛車の凹み・フロントガラスのリペアでお悩みならお気軽にご相談ください!!
当店独自のテクニック・ノウハウ・繊細なジャパンクオリティでお客様のご要望にお応えします☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す