凹みのリペアはオリジナル塗装を保てるデントリペアで!

こんにちは!
最近、当店には1台の車を長く大切にお乗りになっているお客様のご来店が増えました。
大体は私と同年代か少し上、まさに車大好き世代ですね!
皆さん口をそろえていうのが欲しい車がないから今のを乗り続けている。。。
とか、コレが気に入っていて乗り換える気がない!
なんてこだわりのお客様達\(^o^)/
言い換えれば乗り換えるほどの魅力的な車がない、ってなりかねない気がしますが、どうなんでしょう?
そういう、私の愛車も40年落ち💦
まあ、快適装備はありませんが、移動をするって事では何ら不都合はないので割り切ってしまえば問題ないですが。
私なんてあえて旧車を購入した部類ですから、さらに奇特な部類なんでしょうか?

本日ご紹介の1台も年式にしてはかなり綺麗な1台!

千葉市稲毛区よりデントリペアご依頼のステージア。

助手席ドア上部のゆるーいプレスラインに3cm程の凹み。
このラインでここまで凹んでいるとかなり目立ちますね(>_<)
せっかくピカピカの外装なのに、この凹み1つで台無しです。

IMG_3454

ちなみにステージアでドアが凹んでる!ってお問い合わせがあると大抵ココがまあまあな勢いで凹んでいる事が多いです。
プリウスみたいな鋭いプレスラインもリペアするには大変ですが、こんなふっくらしたプレスラインも大変💦
ゆるーく丸くなるデザインのため、凹みができると大体、大きく凹むことが多いので仕上がりのバランスを取ることに時間が掛かります。
メタリック系のボディーカラーなのでリペアが雑だと、メタリックの角度が変わり色が変色して見えるのでより丁寧に慎重に押し出します。
バランスとってバランスとってふっくらしたプレスラインの完成です\(^o^)/

IMG_3455

オーナー様はデントリペア初体験(@_@)
いつもの通り初めてのお客様は半信半疑(^^ゞ
リペア後の仕上がりをご確認いただいて、その仕上がりにビックリされていました。
最後にはもちろん笑顔で喜んでいただけ、私も大満足☆
少しでも車に手を加えるとさらにもっと大切に乗ろう!って思えるから不思議ですね!
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分   工賃 16,200円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す