ガラスリペアの作業前はしっかり観察が必要デス!

こんにちは!

千葉県千葉市よりフロントガラスリペアでご来店のジャガー F-PACE☆

こちらのジャガーもディーゼル☆
最近、入庫のお車のディーゼル率が高いです。
皆さんよく仰るのが、市街地はトルクがあって乗りやすい!意外と燃費がいい!
軽油なんで燃料代が抑えられる・黒煙も匂いもない等々、いい話ばかり聞きます。
こんなにいい話ばかり聞くとディーゼルも考えちゃいますね(^^)/

肝心のヒビは、フロントガラス中央に1㎝程の星形のヒビと半円のヒビのコンビネーションブレイクです。

img_3155

画像ではヒビは短く見えますが、実際にはなかなか鋭く割れれているようで、星形のヒビは一見すると半透明気味であまり目立っていませんでしたが、
下処理の為に触ってみると一部のヒビはパックリと画像の倍ぐらいの長さでヒビが浮き上がってきました(@_@)
フロントガラスリペアはリペア前にしっかりとヒビの確認をしておかないと、ヒビにしっかりレジンが入らないばかりか、ヒビの再発の可能性も高くなるので注意が必要です。

ちなみに、お話を伺うと購入後、1か月で飛び石が被弾・・・
しかも、飛んでくるの見えたそうです(T_T)
私も一度だけ飛んでくる石が見えたことがありますが、かなりびっくりします。
うっかりしてハンドル切ったら大変な事になりますから、ある意味この程度で済んでよかったかもしれません。

ガラスリペアツールをフロントガラスにセットして、じっくりとレジンをヒビの隅々まで注入します。
最初に書いた通りあまりにも綺麗に割れたヒビは一見すると見えないことがあるので、ヒビの形状をしっかり記憶して見えないヒビも含めてすべてにレジンを行き渡らせますが、たまにどうしてもレジンの入りが悪い場合もあります。
まさに今回がそうでした。
一本ヒビの先端数ミリがレジンの入りが悪くうっすらヒビが見えます。
こんな時は判断が難しいのですが、今回は思い切ってドリルで穴を開け入りの悪い部分に直接レジンを注入☆
この時も出来るだけドリル跡が見えないように最新の注意を払って作業します。

リペア跡はこんな感じ。
出来るだけリペア跡のヒビが見えるように撮影したので、リペア前と比べてレジンが隅々までキッチリ注入できたのでヒビがより白く見えるのが判るでしょうか?

img_3159

でも実物のヒビはしっかりレジンが注入され半透明になり目立ちにくくなりましたよ!
お車好きのオーナー様もこの仕上がりならご満足いただけたのではないでしょうか?

高速走行が多い方は飛び石、注意が必要ですね☆
まあ、万が一の飛び石なんて避けようがないですけど・・・・
こればっかりは運任せですかね?

しかし、こちらのお車はいろんな意味でテンションがあがる1台だったな・・・(^^)
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分  工賃 16,200円

フロントガラスリペア保障内容
通常使用によるリペア個所のヒビの進行よる再補修、及び衝撃点・ドリル跡の劣化の再補修(永久保証)
リペア跡の経年変化は保障外となります。
再リペア不可能な場合
フロントガラス交換工賃(ガラス含)よりガラスリペア価格を
差し引いてご提供します。(当店での交換に限る)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す