バイクのタンクのヘコミご相談ください☆

東京都よりデントリペアご依頼のバイクのタンク。

ヤマハのタンクですが、車名を忘れました・・・・(@_@)
ただ当店に遊びに来た私と同年代のバイク乗りの友人はみんな、
「おっ!!○○のタンクじゃん!」って言っていたので
かなり、有名なバイクなはず・・・・

僕的にはお客様が大切にしているバイクタンクのヘコミを
やっつけちゃえばいいだけなんで
車種なんてどうでもいいから何でも持って来い!!
ってつもりで車名が不明な訳ではなく、
単純に失念しました(@_@)スイマセン
コレを見た心優しいどなたかが車名は教えてくれると思います(笑)

ところで凹みは??
タンク左側の真横にまあまあタンクにしてはまあまあなサイズの3~4センチのヘコミ。
オーナー様はタンクを再塗装に出し、綺麗に仕上がってきたのでついでに内部の錆取りをしていたそうですが作業中にうっかり落下(T_T)
こんな凹みが出来ちゃったそうです。

通常バイクのタンクのデントリペアはツールを給油口から入れ凹みにアクセスするのですが、アンラッキーな事に凹みの反対、右側端に給油口が・・・・
バイクのタンクのデントリペアは給油口に近い方がリペアしやすいのですが、
コレは真逆・・・・
しかも、どのデントリペアツールでも凹みの裏に届きません。

さて、こんな時は凹みを表からプーリングしてリペアしたりもありですが、再塗装のタンクでは塗装の剥離の可能性が大きく危険ですし、オリジナルでも年式的には危険。
で、今回は燃料ポンプ側のホールからツールアクセス。
ホール径が小さく細いツールしかアクセス出来なかった為に、作業はなかなか難易度が高かったですが無事に凹みは完全にやっつけました。

お預かりの作業でしたので、後日お客様に仕上がりを確認して頂き、ご満足頂けました。
バイクのタンクのリペアはその複雑な形状ゆえに難易度が
高くリペアできない事も多いですが、
当店は他店でデントリペアでのバイクタンクのリペアが
一般的でなかった開業当時より十数年、バイクタンクのリペアを多数させて頂いており、
数多くのお客様に喜んでいただいています。

あまり沢山お問い合わせ頂いても、お待たせしてしまって対応しきれないのでコッソリお受けしていますが。。。。

作業にはガソリンが入っていない事が条件となりますので、寒い冬の間に気になるヘコミをやっつけませんか?
他店で断られた凹みのリペア実績も多数ございますので、お気軽にご相談ください。

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 40分  工賃 16,400円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す