ヘコミを見つけたらデントリペアで☆

あっという間に、1月も10日が過ぎちゃいましたね!!
新年気分もなくなり通常状態ですが、業者様向け出張作業はまだ平和な雰囲気で
ポツポツご依頼があるのみ(^^ゞ
毎年そうですが、年明け1週間は平和なので残った店舗の片付けや
ご来店のエンドユーザー様と
のんびり談笑したりこんな雰囲気での毎日もいいですね!!
流石に出張修理が増えるのは来週からでしょうか??
業者様の出張修理ご依頼・お見積もりお待ちしていますっm(__)m(笑)

本日の1台は千葉県松戸市よりデントリペアご依頼のスバル BRZ☆

実は前回Blogでご紹介した赤のトヨタ 86のご友人です。
86の作業中に皆さんで集まっていたところ、凹みを発見。
当店での作業後に仕上がりを見て、その場でご予約を頂き後日ご来店。

ヘコミの場所は助手席側のリアフェンダー上部、プレスライン側に2㎝程のヘコミ。

大きさは問題ないですが、デントリペアの可否を判断する上で重要な凹みの深さが問題・・・・
小さいヘコミのくせに鋭い物が強い力で刺さったような1点集中の深さ。
綺麗にデントリペアで修復できても衝撃点のピンポイントだけは残りそうな
嫌な凹み方です(T_T)

作業前にお客様には状態の深刻さ・仕上がり予想などを説明しましたが、
大切な愛車のヘコミの状態を詳しく聞いてさらに落ち込んでしまいました・・・・
とはいえ、状況をしっかり説明し完璧にリペアできれば問題ないですから
ココは集中して目の前のヘコミをやっつけるように努力します。
まず、お約束のできるだけツールアクセスのいい状態で作業が出来るようにリア周りの内装・テールランプなどを取り外しに掛かります。
内装の取り外しはトヨタは比較的、作業がしやすいのでガンガン外して
トランク内は空っぽに(^^)

ヘコミの状態を再度念入りに確認して、作業ですが1点集中のヘコミは
簡単のような・・・難しいような・・・
とういのは、今回のヘコミでデントリペアツールで押し出すのは1点のみ。
そうで、最初にパネルにぶつかった衝撃点だけ。
ココだめ押すことができれば、衝撃点ごとヘコミは綺麗に押し出されます。
だだし、押し方にはコツがあるのでただ力任せに押すだけでは絶対に凹みは出てきませんので真似しないように(笑)

そもそも衝撃点を押すだけといっても今回の衝撃点は1mmに満たないピンポイントですので簡単には裏から押すことができないので、簡単なような?難しいような?
って事になっちゃいます(笑)
必要であれば1mm以内をさらに細かく裏から押すことが出来るのは
デントリペアならではの職人技ですね!!
まあ、コレが出来ても他に使い道ないですが・・・・・・

短時間で集中して一気に押し上げた凹みは跡形もなくなり、
オーナー様も痕跡を探していましたが
完全に無くなっちゃったのでいくら探しても見つからないですよ(^_^)v
ご来店前とは全然違うお客様の笑顔を頂き、私も一安心。

車好きが集まる時に凹みがあると皆さんの突っ込みも厳しいでしょうから、
気なるヘコミがあればご相談してみてはいかがですか??
ご自慢の愛車の気鋭なボディを見せつけちゃいましょう☆

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分  工賃 16,200円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す