思い立ったら、即ご連絡☆複数凹みは同時のデントリペアがオススメ!!

千葉県茂原市よりデントリペアご依頼のアルファロメオ ジュリエッタ☆

運転席側のリアドアの下部に3㎝程の円形のヘコミと
助手席側リアドアの下部に7㎝程の縦長のヘコミの2か所!

両方のヘコミのお見積もりをご依頼頂きましたが、
オーナー様は助手席側のヘコミが特に気になるからこっちだけでも何とか・・・・
ってお話でしたが、僕的には毎日乗り降りする
運転席側のリアドアのヘコミも同じぐらい気になる(笑)

凹みが複数ある場合は2か所目以降は半額なので同時施工がオススメなので、
同時施工がお得なので複数凹みがある場合はまとめてリペアがいいですよ☆

という事でこちらのオーナー様も同時施工でご依頼頂きました\(^o^)/
が、問題は両方の凹みがドア下部な為に内装の内貼りを外す必要がありそうな事・・・・
基本的にどんなお車の内装でも外す事は出来るんですが、国産と外車では微妙に取付方が
違うのでちょっと脱着に時間が掛かりそうなのと
外車の場合は年式が少し古くなるとプラスチックパーツが劣化で割れやすいので
あんまり必要以上に脱着はしたくないのが本音・・・・
アルファロメオ・ジュリエッタも過去に外した記憶がありますが、外し方はどうだったかな??
なんて思いながら比較的大きめの助手席側リアドアの凹みから一般的な作業手順の
窓枠からデントリペアツールをアクセスさせます。

が、凹みの半分は内部のインパクトビームの上(@_@)
しかも外板とぴったりくっついいるので隙間がない・・・・
コレは内装を外さないとダメかな?なんて思いながら、裏ワザを使って外板とインパクトビームの間にデントリペアツールを押し込みます。
縦長に出来た凹みに沿って正確にツールで押し出し完全に凹みを消去して一安心。

この調子で運転席側リアドアの円形の凹みに取り掛かります。
こちらは更にドア下部のヘコミでしたが、内容物に干渉する事なくツールアクセスが
出来て第一関門はクリアしました。

こちらのヘコミは外板のデザインでもある逆アールの反り返った部分に凹みがあったので
パネルと同じボディラインに修復するように立体的に凹みを修正し形を成形します。
ちょっと辛い体勢だったので、正確・手短を心掛けキッチリとリペア完了☆

両方凹みともドアの内装を外すことなくリペアできたので、
お客様にご提示の作業時間より短時間でリペアする事ができ、
初めてのデントリペアの仕上がり・作業時間にご満足頂けました☆

また、今回のご依頼は当日お問い合わせ・即リペアの最速リペアでした☆
急なご依頼でも当店の作業に余裕があれば喜んで作業しますょ\(^o^)/

塗装にキズのないヘコミでお悩みならデントリペア専門店に相談してみてはいかがですか??
どうして今までデントリペアですぐにリペアしなかったんだろう(*_*)
なんて事になるかもしれないですよ(笑)

ご依頼ありがとうございました☆

作業時間 90分  工賃 29,160円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す