どんな内装もお任せ??(デントリペア)

こんにちは!
デントリペアは凹みを裏から押しだしてリペアするのはみなさんご存じの通りですが、
そのツールアクセスの為には内装を外して作業することも沢山あります。
で、中にはトラップみたいに注意が必要な事もしばしば・・・・
画像のお車は現行の50系プリウスのトランクルームの内装。
コレを外す時には手提げフックのような部品の裏に付いているパーツに
注意が必要なんです。

見た目はただのプラスチックのクリップですが、他のクリップと同じように外していくと、
この部品だけはボディ側に綺麗に外れて残ってしまします。
ココの部品意外と気が付かないのか何かの原因で内装を外した事があるお車だと
きちんと付いていないことがあります。

割らないように丁寧に外して、内装のパネルに取付直してボディに取り付けます。
コレをきちんと戻しておかないと組み付け後になんだか手提げフックが頼りないなぁ・・・・
って気が付いた時には組み付けないしになり、ちょっと精神的にダメージを
食らう部品なので(笑)万が一、DIYで取り外し時はご注意を☆

ちなみに50系プリウスの内装は比較的、脱着は簡単なので落ち着いて作業をすれば
お車好きなら誰でも簡単に外せるとは思いますが、心配ならDIYといえども
専門店にお願いしましょう☆
たまには、内装のお話でした(^^ゞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す