強風時は凹み注意報発令です!!(デントリペア)

千葉県山武市よりデントリペアご依頼のトヨタ ハリアー。

助手席側のフロントフェンダーに手のひら大ぐらいのサイズの凹みが・・・・・
やはりここまで大きいヘコミだと一般のお客様は鈑金塗装かな?と思うかもしれないですが条件が整えばデントリペアでも、もちろん作業は可能です☆

大きいヘコミがリペアできるから技術力があるってワケでもないので、
あまりHPではご案内していないですが、これよりも大きいヘコミでもリペアできちゃいますので気なってる大きいヘコミがあればお問い合わせくださいm(__)m
オーナー様はコーティングもしているし、鈑金塗装では周囲とのパネルの色の違いも気なる、って感じでデントリペアでソコソコ目立たなくなれば・・・とご来店。

作業手順はフロントフェンダーの内部の黒いプラスチック製のカバーを外してタイヤを支点にしてデントリペアツールをアクセスさせます。
基本的に大きいヘコミも小さいヘコミもリペアの方法は対して変わりません。

今回はオプションで(笑)プレスライン2本に掛かるヘコミの上にパネルのフチまで凹んでいるという、3つのオマケ付でなかなかなボリュームのリペアです(@_@;)
でも、フロントフェンダーのデントリペアって意外と作業しやすいんですよね。
カバー外せば内部は大きく空洞だし、タイヤでテコが取れるし、
見やすい位置で作業が出来るしとか、好条件が揃っているので、
難しいヘコミでも他のパネルよりは作業しやすいんです\(^o^)/

ここで問題なのはどの部分からリペアするか?これに尽きます。
作業手順が間違っていても最終的にスキルがあればリペアは可能ですが、
作業中に大きく歪みが出て作業時間が余計に掛かったり、
凹みが硬くなり何だか時間が掛かったりと
無駄に時間が掛かるばかりか、プロの厳しい目線だと
最終的な仕上がりが今一歩だな??なんて事も。

デントリペアツールで押し出すべきピンポイントを順序よく押しだし、歪みや塗装肌の荒れなどを出さないように丁寧に作業をします。
しかし、この型のハリアーは昔のトヨタのパネルなので何もしなくてもカタイ・・・・
(個人的に感想ですけどね、当社比120%ってカンジ)
この硬いパネルがここまで凹むなんで相当な力が掛かったように推測させまれますが、オーナー様に原因を教えて頂きましたが、納得の原因でした。
門扉が風で煽られて激突したそうです(T_T)
そんな、強烈に凹んで硬いパネル、時間が掛かりました。
思わずブツブツ独り言いいながら120分☆
大変お待たせしました!!

って事で、仕上がりを見てお客様は大喜び。
正直、目立たなくなればいいかな?って程度でご来店頂いたので、
とてもビックリしていました。
最後にこんなステキな言葉も頂き、こちらが感激しちゃいました☆

デントリペア未体験ですと、本当に直るの??なんて心配もあるかもしれません。
デントリペアで凹みは本当に綺麗に直るんです(笑)

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間120分  工賃32,400円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す