バック中の障害物にはご注意を(デントリペア)

千葉市稲毛区よりデントリペアご依頼のトヨタ プリウス。

現行のタイプですね!
そろそろ30系よりもこちらの50系の入庫が目立ってきました。
個性的な印象だったデザインもここまでよく見るようになると、
見慣れたカタチになっちゃうから不思議ですよね(^^)

凹みは助手席側のリアフェンダーのタイヤハウス周辺に5㎝ほどのヘコミ。
駐車の際のバックでぶつけてしまったそうです。
こんなカンジでお車が動いている時に何かにぶつかりできた凹みは見た目以上に
ダメージが大きくリペアの難度が高いことが多いんです(T_T)

今回のヘコミは見た目はクシャクシャ(汗)更にプレスラインが1部完全に凹み、
内部の2重部分が線状に盛り上がり表にクッキリと出てしまっています。
一目で完全にパネルが伸びてしまっていてお受けするのを
一瞬考えちゃうヘコミでしたが、こんな凹みを目の前にして
リペアしてみたくない訳がありません←職業病(^^ゞ
お客様には今回のヘコミのリペアについてのメリット・デメリットを
しっかりご説明した上で作業ご依頼を頂きました。

トランク内部の内装を出来るだけ外し、ベストなツールアクセスが
可能になるように準備します。
潰れたプレスラインを成形しつつ、線状盛り上がりを丁寧に消していきます。
この線状の盛り上がりの処理をする際の叩きの作業がまあまあ集中力が必要になるので
休憩を入れながら落ち着いて作業します。
なにしろ叩ける部分は針先ほどの幅しかないので少しでも外してしまうと
修正も出来ないので絶対に失敗が許されない場所を何度も何度も叩くので
ビビりながら集中して作業をしてリペア完了☆

こんな微妙な色合いのメタリック系のカラーは意外と凹みが残ると
周囲との色味が変わりやすいので
しっかりとリペアする必要があります。

ちなみにこの色スティールブロンドメタリックって言うそうです(@_@;)
ピンクのような不思議な色合いですね。
もちろんリペアの後は当店通常サービス、念の為の防錆処理☆
これでカンペキです!!

今回のお客様もデントリペア初体験☆
お客様的にはびっくりの仕上がりでとっても感動して頂き、
後日お花まで頂いちゃいました\(^o^)/
想像以上に喜んで頂けると、作業をしたこちらがうれしくなっちゃいます(^^ゞ
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間90分 工賃21,600円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す