衝撃点が深めのヘコミはデリケートにガマン・ガマンの作業です☆

千葉市中央区よりデントリペアご依頼のトヨタ アクア☆

運転席側リアフェンダーの逆アール部分に出来た2㎝程のヘコミ。
見た目は1㎝程ですが、実際のヘコミはもう一回り大きかったです。
こんな小さな凹みでのお車好きなオーナー様達からしたら大事ですよね。

しかも凹みのパネル部分のデザインがきつくアール掛かったデザインの為に
凹みは角度により見えたり見えなかったり・・・・・
通常リアフェンダーの凹みは内装のパネルかテールランプを外しての作業になりますが、
今回は内装を脱着しての作業をオススメしました。
というのもテールランプがどうもバンパーの下に入り込んでいる作りのようだったので、
作業性を考えて内装を脱着する方でと、オススメしましたが、実際に外してみると
運転席側リアシート背面まで外すという、
まあまあな作業内容となってしまいました(汗)

これならテールレンズ外すのもあまり作業的には変わらなかったですね(^^ゞ
まあ、バンパー外すのは大人の事情であまりやりたくない作業でもあるので、
安全性も考えるとやはり間違いないのは内装脱着なので多少時間が掛かっても
今回はこの方法でのツールアクセスで正解だと思っています。

肝心のヘコミのリペアは画像の通りなかなかな衝撃点の深さ(@_@)
大きさはお手頃サイズなのに侮れないヘコミです。

凹みは一点集中で凹むと中心は硬くなり丁寧な作業をしないと
リペア跡の塗装肌が荒れてしまい仕上がりが悪くなってしまうので、
通常よりもデリケートに少しずつ押し出す必要があります。
作業中もガマン・ガマンとイメージしながら(笑)作業完了☆

深めの衝撃点もキッチリ押し上げ塗装肌も完璧です。
難しいアール部分のラインも再現して、バッチリです☆

丁寧に扱われてオーナー様に大切にされているお車です。
凹みがあったままではパッとしないですもんね(^_^)v
これで完璧です☆

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 30分  工賃 14,040円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す