自転車の転倒による長く深いヘコミもデントリペアで!!

千葉県市原市よりデントリペアご依頼のマークX GIO☆

運転席側リアドアに5㎝程の縦長のヘコミ。
画像を見ての通り、凹みの中心がえぐる様に深く凹んでいる1点集中のヘコミ。
これはなかなかの深さですね(-_-;)
画像で見てもクッキリ・パックリ見えるヘコミです。

こんな凹み方の場合は大体は自転車が倒れた事により出来たものが多いです。
ハンドルの端とかブレーキレバー・ペダルなどなど・・・・
今回も犯人は自転車でした(T_T)
縦長のヘコミは押す場所がハッキリしている為に比較的、
リペアしやすい部類になるのですが
衝撃点がここまで深いと話は別です。

通常の手順で押した所で凹みの中心は硬く簡単には出てきてくれません。
この時に強引に押してしまうと、凹みの内部が強引に押した跡が出来てしまい、
最終的な仕上がりが悪くなるばかりか、最悪の場合はマトモにリペア出来ずに
終わってしまう・・・・なんて事に。

凹みの中心が軽く押す程度であっさり出てきてくれるように、
下準備をしっかりしてからデントリペアツールで押していきます。
下準備をしっかり行うと不思議とヘコミの出来たボディパネルも
元の形状に戻りたいのかさほど力も入らず
スムーズに押しあがってくるから不思議です。
鉄板との会話ってあるのかもしれないですね(笑)

リペア前は歪みなどが残るのでは?と心配した深くえぐれた凹みも
完璧に無くなり元の綺麗なパネルになりました。
これでスッキリしましたね☆

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 70分 工賃 21,600円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す