今更ですがアルミパネルでもデントリペアできますよ☆

雨続きますね・・・・

こうなると当店は少しご予約が取りやすくなります!!!

皆さんの来店が減るから!!(笑)

という訳で思いたったら即リペア!!に最適な日が続いてます☆

今だけ限定☆来週にはご来店も増えてきちゃうので
急なお問い合わせご来店は今ですっ(笑)

本日ご紹介の1台は??

千葉県茂原市よりデントリペアご依頼のフォルクスワーゲン ルポ☆

ただのルポではないですよ☆
MTのGTIです☆
このサイズでMT、1600㏄となればキビキビ走って楽しそうですよね(^^)/

そんな魅力的なお車にできた凹みは??

右運転席ドアハンドル上部に3㎝程のヘコミ。

こちらのお車、わざわざ一度お見積もりにご来店頂きました\(^o^)/

お見積もり時に凹みの形状・ツールアクセスの確認をしているので
作業でご来店当日もスムーズに準備ができました。

ツールアクセス時に少しアウターハンドルの内部部品が干渉しましたが
少し工夫して凹みの裏に正確にツールアクセス☆

正確に凹みの中心を押していくも何だか凹みが出てこない・・・・(@_@)
力を入れて押してみるも元に戻るカンジ???
で、思い出しました。
お見積もり時にお客様からアルミパネルのドアだけどデントリペア出来る??
って言われたのを思い出しました(笑)
アルミだからって特別な事はないんで、出にくいな・・・・って思いながら根気よく
丁寧に押していくだけ(笑)

大抵の凹みはアルミでも問題なくリペア出来るのであまり素材は
気にしないのですが、スチールの鉄板ならリペア出来るのに
アルミパネルだとリペアできない、なんて事が
極稀にあるのでやはりアルミはリペアしにくいって印象はあります。

もちろん今回のヘコミは問題なくリペアできました☆

凹みが出来たときに付いたと思われる中心のキズもリペア後に綺麗に磨いたので
最後は完璧に元に戻せました\(^o^)/

お客様にも仕上がりにご満足いただけバッチリです!!
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 30分 工賃 14,040円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す