際どいヘコミは輸入車の方がリペアしやすい??

こんにちは!!

本日ご紹介の1台は??

千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のフォルクスワーゲン ゴルフ!!

助手席側リアドアに円形の4㎝程のヘコミ。

ドアパンチですかね??
でもライトを当ててみると何だか中心は深く見た目は円形でも複雑な凹み方・・・

こんな中心の深く複雑な凹みは押したり叩いたり何度も繰り返して
リペアしたい所ですが、最近の自動車の鉄板はどんどん薄くなってきているので
あまり押したり叩いたりを繰り返すと金属疲労の感じで
腰が抜けたようにペコペコになってしまうので注意が必要です(^^)/
なので必要最低限の手順でコツは出来るだけ触らない!がリペアの基本なんです。

まあ輸入車の場合はまだ鉄板のリペアしろ??があるので柔軟に対応できますが、
これが国産車とくにゴニョゴニョなメーカー…とかは
もっと難易度が高いんで困ります(笑)
輸入車なら綺麗にリペア出来るのに国産車だと歪みが残る・・・
なんて事にもなる場合があります。

もちろんそんな時のヘコミは今回のように輸入車でも
リペアの難易度は高いのですが(^^ゞ
今回のゴルフのリペア、凹みの中心がスムーズに動いてくれるように、
正確に押したり叩いたり・・
最小限の手順でリペアします。

正確に手順を踏んだおかげ短時間・最低限のプッシュ・ダウンで
完全に消し去る事が出来ました☆
オーナー様もご満足頂けたかと思います。

ご依頼ありがとうございました!!!
作業時間 60分   工賃 19,440円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す