凹みの状態・場所いろいろ考えて適切にリペアします☆

千葉県よりデントリペアご依頼でご来店のBMW M2☆

ルーフにできた3㎝弱のヘコミですが右運転席のちょうど頭の上あたりに
出来ているので毎回の乗り降りで必ず目に付く場所。
コレは気になりますね・・・・・

ルーフに出来た凹みのリペア方法は、2種類あります。
一般的なデントリペアとしての方法、凹みの裏から
デントリペアツールで押してリペア。
もう一つは、凹みを表から専用のツールを使い引き出す
プーリングという方法の2種。

ちなみにプーリングは厳密に言うと塗装に専用ツールを付け引っ張るので、
塗装が鉄板の凹みを引っ張ってくれます。
なので、塗装と鉄板の密着が悪いと塗装が剥がれてしまうリスクがあります(@_@)
なんでもそうですがリスク回避は最優先なので、
今回の件でも、もちろん凹みを裏から直接押したい、っていうのが理想的。
あえてリスクをある方法を優先するのはプロではないですよね(^^)

まあ、ご予算・仕上がり・作業時間などなど色々な条件を考えリペア方法を
検討するので必ずしもこの通りとはいかないですが、
今回は凹みは押してリペアするが最適な方法と判断しました☆

で、ツールアクセスするのはココから\(^o^)/
ボディと内装の隙間を埋めているゴムモールをめくると、1㎝程の隙間ができます。

今回はここからデントリペアツールをアクセスさせて凹みをリペアします。
デントリペアの基本中の基本ですね。
凹みにツールアクセスできる隙間・ホールはないかとことん探せ☆
意外とこれ難しいです(^^)
頭を柔軟にしてこの場所からならこのツールでイケるかな?
とかここからならコッチのツールかな?等々・・・・
パッと閃かないとリペア出来ない事もあるんで意外と頭を使うんです(^^ゞ

今回のヘコミは少し中心が深かったのでリペアにはちょっと手間取りましたが
それでもボディと天井の内貼りの隙間から綺麗にリペアする事ができました。

プーリングでは塗装剥離のリスクがあるので回避し、天井の内貼り脱着では
工賃が余計に掛かりお客様の負担が大きくなります。

最適な方法を見つけてリペアするのが車にもお客様にも優しいと当店は考えます。
凹みのリペアでお困りならお気軽に当店へお問い合わせください(^_^)v

15年以上の経験と実績で最適なリペア方法と
ご満足頂ける仕上がりをご提供しますm(__)m

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 40分  工賃 13,200円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す