デントリペアって引っ張ってもリペア出来るんです!!

千葉県千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のボルボ XC40☆

右運転席側リアフェンダーの前寄りに2㎝程の縦長のクッキリとした凹みです。
画像のようにかなり前方ギリギリ(>_<)

通常はリアフェンダーの凹みがある場合は内装の一部もしくは全部を
外す必要があるのですがこの前方ギリギリが曲者です!!
まず給油口があるのでコレが邪魔になる可能が。。。
さらにサスペンションがある為に、内部が盛り上がって袋状に・・・・
要するにリアフェンダーで内部構造が一番複雑になっている可能性の
ある場所なんです(T_T)
なので気軽に内装を脱着すれば直りますよ!!なんて言えないんです。

こんな時は表からリペアするプーリングで凹みを消し去る選択肢も☆
ただしプーリングは塗装剥離の危険がある為に最終手段です
メーカー・車種・凹みの形状などなど・・・しっかりと見極めなければ
プーリングをした瞬間に塗装が剥がれて終了(T_T)っなっちゃいます。
今回のお車は高年式・凹みにキズが無しなどプーリングでも
十分リペア出来そうなのでこのリペア法をオススメしました。

少し線状に折れ目が出ていますが正確なプーリングで作業を行えば
これぐらいはキッチリとリペア出来そうと判断。

なるべく1回のプーリングで終わる様に精密に凹みを引き出します。
残念ながら1回で作業終了☆とはいきませんでしたが、
3回のプーリングでリペアできたので必要最低限でのリペアだったと思います。
もちろんリペア後は綺麗になボディの復活です。

オーナー様には塗装リスクの説明をしていましたので、
ドキドキさせてしまったかも知れません(^^ゞ

でもコレで一安心ですね。
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 30分  工賃 13,200円

ご来店の際は当店HP内スケジュールをご確認下さい。
また、接客中・作業中は電話に出れない事もあります。
しばらくしてからお掛け頂くか、当社からの折り返しのお電話をお待ち
下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す