ツールアクセスは重要条件☆

千葉県千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のマツダ CX-5☆

助手席側リアフェンダーに4㎝程の深さのあるヘコミ。

このリアタイヤの前方は意外とリペアが難しい場所。
基本的にデントリペアは凹み方は置いておいて、
金属製のボディなら出来ないパネルはないのですが、
パネルによって、この場所は難易度高いとかってのが存在します。

今回のリアフェンダーと呼ばれるこのパネルはリアドア寄りの下部は
リペアし難い場所の一つです。
なぜなら、画像のように内装を外してみるとリアタイヤのスペース確保の
ために盛り上がっていますし、ショックの取付部があったり剛性確保の為か
2重3重のパネルとなっていたりと複雑な作りなんです。

そうかと思えば、テールランプよりの部分は大きな空間が開いていて
非常にリペアはし易かったりと、同じパネル内でもデントリペアツールの
アクセス環境は大きく異なります。

今回で言えば、やはり大きく空間のあるテールランプ側からツールアクセスを
試みましたが、角度的にもなかなかアクセスできず、
かつ細めのデントリペアツールでは凹みを押し出すほどの
パワーが足りませんでした(T_T)
できるだけツールアクセスのいい場所を見つけるのも
正確にリペアする条件の大きな一つ。
ボディに何か所あるホールにツールをアクセスし最適な場所を探し当てます。
今回は画像の赤丸のあたりに10㎜未満の小さなホールを見つけたので、
ここからのアクセスが最適でした。

ツールアクセスが決まればこの程度のヘコミのリペアは問題なしです(^_^)v
だた、凹みの中心の極めて狭い範囲で非常に深く衝撃点が出来ていたので
この硬く深い中心をしっかり押し出すのに非常に集中しました。
凹みが動き出してくれたらリペアはあっという間です。
塗装肌も綺麗に修正しリペア完了☆

そこに凹みがあった事すら感じられない仕上がりになったと思います。
オーナー様にはリペア前にツールアクセスが困難だとリペア不可になるかも?
とお伝えしていたので仕上がりを確認されて一安心ですね(^_^)v
ご心配かけましたm(__)m

凹みが出来る場所は選べませんので仕方ありませんが、
あらゆる場所にツールアクセス出来ように努力していますので、
凹みができてお悩みなら一度ご相談ください!!

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分  工賃 19,800円(内装脱着含)

ご来店の際は当店HP内スケジュールをご確認下さい。
また、接客中・作業中は電話に出れない事もあります。
しばらくしてから再度お掛け直し頂くか、
当社からの折り返しのお電話をお待ち下さい。
尚、出張修理は業者様のみ対応です。
営業時間 10:00~19:00 不定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す