小さいヘコミでも侮れません!!

千葉県千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のトヨタ アルファード。

助手席側フロントドアに2㎝程の深さのあるヘコミ。
パッと見は小さいヘコミで一瞬でリペアできそうな感じですが、
今回は少し違います。

よーく見ると塗装面に小さいキズが。。。
こんな凹みは何か鋭い物が1点集中でぶつかったヘコミで凹みの大きさに対して
実際にはぶつかった面積はかなりピンスポットって事になります。
ちょっと説明が難しいんですが、伝わりますか??(T_T)

では、なぜ1点集中を強調するか?
それはピンポイントで鋭く凹んだパネルの凹みはとても中心が硬くなっている
という事です(>_<) という事は、いくらmm単位以下で正確に中心を押したとしても 硬い衝撃点の中心は変化せず周りが盛り上がってきてしまい 火山の火口のようになってしまうからです(T_T) なので今回は正確さだけではなく、硬くなっている凹みの中心を綺麗に 押し出す技術も必要になります。

デントリペアは簡単に言えば凹みを押し出す・引っ張るだけの 単純な作業なんですが、実はとても精密・繊細なリペア方法なんです。

一般の方には大きい凹みをリペアできました!!なんて方が、
デントリペア凄い!!って思って貰えそうなんですが、
本当に難しいのは大きいヘコミではなく衝撃点が深いとか
ツールアクセスが 異常に悪いとかそんな皆さんが気が付かないような状態の
凹みだったりします(>_<)
僕としてもそんなマニアックな技術を駆使したリペアの方が
達成感があってリペア出来た!!って自己満足感も強かったりします。

今回のヘコミはそこまで難易度の高い深さではありませんでしたが、
それでも硬くなった衝撃点の中心をしっかり押し出すには、
リペアする僕にしか分からないようなちょっとテクニックの必要な
凹みでしたが難なく楽しくリペア完了です(^_^)v

正確に言うと2㎜程横長の深い衝撃点のある凹みでした。
デントリペアを始めて20年近く経ちますが、こんな皆さんの気が付かないような
精密なテクニックを極めたいと思って日々努力しているんですが
完全に自己満足の世界ですね(T_T)

そして、出来るだけどんなヘコミもササッとリペアしたいなんて思っています。

凹みでお困りなら、ぜひ一度ご相談ください。
出来る限り皆様のご期待に応えられるようにリペアさせて頂きます!!

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 30分 工賃 13,200円

ご来店の際は当店HP内スケジュールをご確認下さい。
また、接客中・作業中は電話に出れない事もあります。
しばらくしてから再度お掛け直し頂くか、
当社からの折り返しのお電話をお待ち下さい。
尚、出張修理は業者様のみ対応です。
営業時間 10:00~19:00 不定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す