簡単そうなプレスラインでも要注意です!!

千葉県千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のフォルクスワーゲン t-cross☆

ご覧のように鋭く尖ったプレスラインを挟んで見事に凹んでいます(@_@)
大きさは画像で見るよりも遥かに大きく軽く10㎝を超えていました。

一見するとただのライン上を跨ぐヘコミのようですが、
プレスラインを挟んで上側は盛り上がる様なデザインでプレスラインへ
下部はプレスラインから反り返る様なデザインという複雑なパネルデザイン。
なので単純に凹みを押し出す、という訳にはいきません。
複雑な形状のパネルラインを修復する必要があります。

しっかりとラインを復元できないと角度によってはかなりの違和感が残り
リペア跡が気になってしまう事があります。
そもそも、プレスラインにここまでの凹みが出来るとは
かなりの衝撃で出来た凹みのようなので、リペア跡が残る可能性もあります。
そのことをオーナー様にもかなり丁寧にご説明し正式にご依頼頂きました(^^)

唯一よかったのは通常の窓枠からのツールアクセスでリペア可能だったので
作業がしやすく助かりました。
しっかりとプレスラインを再現し、周囲のラインも綺麗に修復していきます。

流石にここまでの凹みだとパネルも伸びているので、
余ってしまった分を綺麗に馴染ませます。
これが丁寧に出来ないと、リペア跡が歪みが残り違和感も
大きくなるので大事なポイントです。
通常よりも更に細かく精密に押し出し続け歪みを消していきます。
いろんな角度からどういう風にパネルを押し出すか、
じっくり観察しながら集中してリペアしていきます(@_@。

結果は・・・・??
丁寧にリペアした甲斐がありました!!
満足いく仕上がりにする事ができました。
もちろんオーナー様には大変喜んで頂きました(^_^)v

塗装にダメージの無い凹みなら、鈑金塗装せずにデントリペアで
綺麗にリペア出来るかもしれません。
デントリペアなら低価格・短時間でリペア完了ですよ。

凹みでお困りならお気軽にご相談ください!!
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 90分  工賃 33,000円

ご来店の際は当店HP内スケジュールをご確認下さい。
また、接客中・作業中は電話に出れない事もあります。
しばらくしてから再度お掛け直し頂くか、
当社からの折り返しのお電話をお待ち下さい。
尚、出張修理は業者様のみ対応です。
営業時間 10:00~19:00 不定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す