凹みでお悩みなら諦めずに当社へご来店ください☆

東京都よりデントリペアご依頼でご来店のポルシェ パナメーラターボ☆

右助手席側のフロントドア下部のプレスラインに掛かる5㎝程の凹みです。
画像のように縦長で狭く深い筋が入りライン上が斜めに凹んでいます。
相変わらずの写真センスゼロでご紹介します・・・・
ご了承くださいm(_ _)m

オーナー様によるとお子様の自転車が倒れたそうです(T_T)
可愛い子供がした出来事となると、仕方ありませんね・・・・
大丈夫だよ、と言いながらも大抵のパパちゃんは心が凹むもんですwww
もちろん私もその一人ですが(^^ゞ

さて、今回のこの凹みですが他店で一度デントリペアにて
作業をして頂いているそうですが、
ご依頼のデントリペア専門店では内装の脱着をしないそうで、
この状態より先はドアの内装を外さないとリペアは難しいとの
判断だったそうです。

と、いうより・・・・・
当社的にはフロントドアの前方下部はデントリペア的には
非常にツールアクセスが困難になる事が多い鬼門的な場所。

①通常の窓枠からのツールアクセスでは凹みが下方過ぎて不可。
②ドアの内装を外して内側からのツールアクセスではドアヒンジに近すぎて
透かしてリペア出来ない為にリペア精度が出しづらい・・・・

と、いう事で当店に真っ先にご来店されていたら、
リペア自体が困難な可能性がある事を真っ先にご説明したかも知れません。

オマケにすでに多少リペアしてあるヘコミの為に元の状態が分かりにくい・・・・
当社のブログ・SNSをご覧の希少なユーザー様ならご存知ですが、
本来凹みのリペアは順番が決まっていて、
その順にリペアしていけば正確・短時間で綺麗にリペア出来る訳ですが
一度凹みの形状が変わってしまっている凹みではなかなか判別が難しいので
最悪の場合は仕上がり自体が甘くなってしまう事もあります。

とは言え他店様で内装を外してリペア出来ればもう少し綺麗に
リペアできると聞いては当社としても頑張るしかありません(笑)

正直、凹みをリペアするよりもポルシェクラスになると
内装を外す方がハードルが高かったりするんですが・・・・
まあ、現行のパナメーラの内装を外した事がないので、
外せるか自信が無かっただけですが・・・
どのお車の内装も初めての時が必ずあるので、
大抵はじっくり触れば外せない、なんて事は無いんですが、
ビビリな私は正直に初めてなんで時間下さい!!なんてオーナー様を
不安にさせてしまうんですが、良くないですね(@_@)

内心は時間くれたら平気だよーって感じなんですけど・・・・(^_^)v
と心配したのも気にし過ぎ、パナメーラターボさんの内装脱着はイージーでした。
ポルシェさん優しい!!とっても外しやすかったので助かりました。

通常は内装が外れて、ツールアクセスが確保できれば
これぐらいの凹みは簡単なんですが
ツールアクセス・リペアの体勢等の諸条件により
凹みの一部が全く見えないという、
なかなか困難なリペアでしたが、
そこは見えないなりに20年の経験値でカバーして
何とかリペア完了☆

流石にかなり諸条件が悪かった為に当社的にはかなりの作業時間が掛り
脱着も含め150分程度も掛かってしまいましたが、
お待ちになって頂いた甲斐はあると思います。

お恥ずかしながらアルミボディ・プレスライン斜めの凹み・
ツールアクセス困難等々で難易度の高い凹みとなっていた為に、
私的には若干精度は落ちましたが、オーナー様には大変喜んでいただきました。

と言っても、リペア跡をピンポイントで指摘して説明しないと
一般の方では気が付かないレベルまではリペアできたと思います。

コレで気持ち良く運転できるとは思いますが、
なにより凹ませしまったお子様が
元気になってくれると最高です☆

オーナー様はかなり感動して頂き、こちらが恐縮です(^^ゞ
諦めずに当社へご来店頂きありがとうございました!!

出来れば次回の万が一の際は真っ先に当社へご来店ください!!
ご依頼ありがとうございました!!

という事で他店でリペア不可の凹み・仕上がりにご満足頂けない等、
デントリペアでお困りならお気軽にご相談ください。
20年の経験と実績で安心してご相談・お任せ頂けると思います。
本気でそのヘコミをリペアしたいなら当社へお任せください☆

作業時間 150分 工賃 22,000円(内装脱着含)

ご来店の際は当店HP内スケジュールをご確認下さい。
また、接客中・作業中は電話に出れない事もあります。
しばらくしてから再度お掛け直し頂くか、
当社からの折り返しのお電話をお待ち下さい。
尚、出張修理は業者様のみ対応です。
営業時間 10:00~19:00 不定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す