本気の4駆はデントリペアが大変??

こんにちは!!
自動車離れが進む現代において、1台でも歴史ある車両を保存するのは自動車業界に
生きる者の使命として大切に保存しているSLですが←大げさ(笑)
ようやくハードトップを外し夏仕様。

乗らない・動かさない・観賞用みたいな扱いになってるので盆栽SLといいます。。。(^^ゞ
梅雨明けに衣替えしたかったんですが、乗らないし面倒だしで放置していたんですが、
ようやく取り掛かりました。
今回はエンジンクレーンを使い一人で外しましたよ!
やはり一人は危険でした。ボディキズついちゃいました。。。。
キズ付くぐらいなら凹んでくれ!と思うのはデント屋さんあるあるでしょうか?(笑)

千葉市中央区よりデントリペアご依頼のトヨタ ランドクルーザー70!!

発売時はすごく話題になった復刻バージョン!!
コレをあえて購入しようなんて方はかなりの70好き☆
ランクル好きにしたら60か70あたりのデザインが好きなんですかね??
僕的にはそう思うんですが。
見た目はいかにも4駆ってデザインだし、マニュアルのみの設定だし、
一生乗れるスペックなぐらい丈夫なのではないでしょうか??

そんな大事な1台ですが、オーナーさまうっかり自転車をぶつけて数か所凹みができてしまったそうです(T_T)
お見積もりでご来店の際も大事に大事にされているのがすごく伝わるぐらいの落胆ぐあい。。。
幸い、運転席フロントドアにできていた凹みは小さく目立ちにくいものなのでリペアには全く問題なし!

IMG_0481

気になったのはフロントフェンダーにできた2㎝程のえぐるようにできた深い斜めのヘコミ(@_@)
お見積もり段階で思っていましたが、凹み自体はリペアに少し注意が必要な程度であまり難しい物ではありませんでしたが問題はランクルはパネルの鉄が普通車より厚め・・・
通常デントリペアはあまり力はいらないのですが、ランクルとかアメリカンSUVとかはかなり力がいることが多いです。
こんな感じで深めのヘコミだとさすがに普通車でも少し力がいるので厚めのパネルのランクルはどうなのか・・
しかもヘコミの場所が複雑に入り組んでいて、通常のテコを取る方法ではデントリペアツールがアクセスできない場所だったのでリペアが出来るか?怪しそうなカンジでした。

IMG_0479

実際にリペアを始めてみると、やはりフェンダー部分は凹みの部分が底だとすると箱型になっていて裏からまっすぐ押しだすしかリペア方法がありませんでした(汗)
まっすぐ押し出す!という事は、完全に腕力で押すだけ。。。なので力加減が難しい。
全力で力を使っている時に加減を微調整するって難しいですよね??
しかも箱状の袋になっているフェンダー部分は奥行きがあり、腕も伸び切り目線は凹みから数センチ・・・もちろんパネルは厚め・・・
2㎝のヘコミを辛い体勢・目線のおかげでリペア時間は短かった割に凄く長い時間に感じちゃいました(笑)

IMG_0483

リペア後の仕上がりをご確認いただき、オーナー様も大喜び☆
本当にデントリペアで綺麗になるか半信半疑だったようで、完璧にリペアされたパネルを目の当たりにしてデントリペアにも凄く興味をもって頂けました\(^o^)/
ここまで喜んで頂くとリペアし甲斐があったな☆って私もうれしくなります!!

ご依頼ありがとございました!!

作業時間 60分   工賃 21,600円 (複数割引適応)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す