濃色車のヘコミって目立ちますね??

千葉県市川市よりデントリペアご依頼のトヨタ ヴィッツ☆

助手席側リアフェンダーのプレスライン上に2㎝程の凹み。

デントリペアはプレスラインは難度が高いと以前お話しましたが、
コレは通常はイージーデント。
歪みも残らず、完璧にリペアできるヘコミでした\(^o^)/
がっ・・・・・・
場所がなかなか難しい場所。
リアドア寄りのリアフェンダー プレスライン。
このリアドア寄りがツールアクセスをするうえで、油断できない場所なんです(T_T)
Cピーラーやリアサス周りの補強・リアシートベルト取付場所など、
いろいろなパネルが集まっている部分なんで
内部構造が何重にもなっていて複雑。

今回のお車もリアフェンダー周りの内装はすべて取り外してツールアクセスを
試みましたが撃沈・・・・
最終手段でテールレンズを外しましたが、コレはバンパーを外さないと
取れないというオマケつき・・・・
ここまで外すなら最初からテールレンズだけ外せばいいのに?って思った
そこにアナタ!!当店のブログ全部見てないですね(笑)
デントリペアツールは長い物もありますが、仕上がりを考えるとやはり目線と
ツールアクセスは近い方が仕上がり・作業時間がスムーズなんです。
だから、凹みから遠いテールレンズ側からのアクセスは最終手段。
しかも、助手席側リアフェンダーは給油口があるので
更にツールアクセスも悪いんです(@_@;)
なので、今回はツールも細い物しかアクセスできません。

デントリペアツールのアクセスは近いのももちろんですが
出来るだけ太いツールがベストなのも
当店HPご覧のマニアなお客様はご存知ですね??(笑)

という事で、今回は凹みは簡単アクセス大変という
「デント屋さんあるある」状態での作業でした。
細いデントリペアツールは凹みを押しだす力も伝わりにくい上に
力の掛かり方が均等ではなく、突然力が強く加わったりもするので、
作業は慎重になっちゃいます。

凹みだけを見た瞬間に一撃で終わると思っていたのにここまでで30分(笑)
次の作業まで時間があってのでのんびりリペアが出来たのがせめてもの救いです。
これで時間が詰まっていようものなら、冷や汗を掻きながら心は落ち着かせて作業と
いう、さらに神経を使うリペアになっちゃいます。

それも凹みリペアを初めてしまえば、ソコは15年の経験と実力(笑)20分程で
パーフェクトリペア☆
プレスラインの歪み・塗装肌の乱れもなく完璧な状態に戻せました☆

あとはバラバラにしたリアの内装やテール周りが組めれば終わり(^^)/
プレスラインもリペア出来るんだねえ。。。。なんてお声をかけて頂きながらリペア完了☆

濃色車は汚れや凹みが目立ちやすいのでお手入れが大変ですね☆
でも、車好きは濃色車が好きな方が多い気がします(^_^)v
あえて手の掛かる車の方がスキなのかな???

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分  工賃 16,200円(内装脱着費含む)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す