オートバイのタンクのリペア、15年の経験・実績の当店へ☆

千葉県四街道市よりデントリペアご依頼のスズキ SV650☆

今では珍しくないオートバイのタンクのご依頼です。

当店がオートバイのタンクのデントリペアを初めた10年以上前はタンクのリペアは
あまり一般的ではなく、デントリペア専門店でもお受けしてくれる
お店は少なかったようですが、
今ではタンクのリペア、取り扱っている専門店も多くなってきましたね☆
それでも、タンクのリペアを希望されるお客様はようやく当店を見つけた、
と言ってご来店頂きます。
オートバイのタンクはやはり形状が球面が多い事が多いので、
リペアの難易度は高い事が多いうえに
基本的に給油口しかデントリペアツールをアクセスさせる場所がないのも
リペアを難しくしている原因の一つになります。

今回のタンクは、左側面に4㎝程の横長のヘコミ。
オマケに凹みの一部がプレスラインに掛かっていて、リペアし甲斐のあるヘコミです(@_@)
幸いな事に給油口からツールアクセスをさせる事ができたので、
リペアをさせて頂きましたが、やはりプレスラインに凹みが掛かっている上に
ライン上にそって長いヘコミの為に中心は硬く
リペアはデリケートに進める必要がありました。

凹みの中心を様子を見ながら慎重に押し出していきます。
お客様も興味深々でご覧になりお話をしながらのリペアとなりましたが、
作業の一部始終をご覧になれたので、ご満足頂けたでしょうか?
なかなか間近でデントリペアの作業をご覧になれることはないですし、
ましてタンクのデントリペア作業はもっと珍しい(^^)
リペア跡は映り込みも完璧☆

タンクのヘコミって大体は乗車中に目に見える場所が多いですから、
コレでスッキリしましたね\(^o^)/

大切な愛車、自動車もオートバイもできるだけ綺麗な状態で乗りたいですよね??
当たり前ですがオートバイのタンクのリペアはタンクにガソリンが入っていると
作業ができません。
作業をご依頼の際はタンク内部のガソリンは抜いて頂くようにお願いしています。

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分  工賃 16,200円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す