デントリペア、やり方は様々・・・・DIYは?・・・・

こんにちは!!

ここの所ご予約多数で、お客様ご希望のお時間が取れない事が
多くなってきました!
ご希望の日時での作業をお申し込みのお客様は早めのお電話をオススメします。
また、作業中はお電話にすぐに対応できない場合もあります。
その時は折り返しお電話(080-2223-0322よりcall)を致しますので、
少しお待ちくださいm(__)m
皆様に喜んで頂けるように全力でリペアさせて頂きます\(^o^)/

本日ご紹介のお車は??

千葉県千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のトヨタ ヴェルファイア☆

お車の全他画像・・・・撮り忘れましたm(__)m
すいませんm(__)mm(__)m

リアゲートの右側に3~4㎝程のヘコミ??
周りの歪みも入れたら5㎝ぐらいでしょうか??

じつはDYIでのデントリペアの跡ですね(@_@)
凹みというよりでっぱりのように見えちゃいますね。
中心がうまく出ないで周りが強く外側に出ちゃってます。
一見すると、凹みを裏から押し出す方法・表から引き出す方法とDIYの方法も
様々ですが、どちらもやり方は一番最初はど真ん中を押す・ひっぱる!!
コレが最高wwwwですがっ!!そうはいかないのがDIY(笑)
もちろん簡単に出来てしまっては当店は成り立たないので皆さんソコは
失敗してくださいwww

ホントにデントリペアは繊細で難しいリペア方法です。
一般の方がオーディオ取り付けやパーツ取り付けするレベルではないので
やはり当店としてはDIYでのデントリペアはオススメしません!!
でも、DIYでデントリペアしちゃおう!!!って人好きですよ\(^o^)/

失敗跡見ながら自分でしちゃって・・・・ってがっかりしながら説明してくれる
お客様見てると何とかしてあげたくなっちゃいます。

という事で肝心のヴェルファイアのヘコミ。
かなり強引に裏から強く押したようで、パッと見てると
かなり盛り上がっているのが判ると思います。

こんなDIYデントリペアの修理方法は、一旦出っ張ってしまっている所を
元に戻してから通常の手順でデントリペアする訳ですが、
ここまでの状態だと、すでに鉄板は伸び切ってしまい、おそらく修復不能・・・
ですが、ここは腕の見せ所?WWW
出っ張った部分をこれ以上伸ばさないように丁寧に元に戻します。

はい!!こんな感じ。

コレを見ただけで、デントリペアの専門店の人ならかなり伸びてるなーーって
判断が付くわけですが、もちろん僕もわかります!!(笑)
伸びた分の鉄板を少しずつ全体の元気な部分の鉄板に貰ってもらい、
出来るだけ歪みや違和感を消していきます。
それでもやはり伸び切ってしまったすべての部分を消し去ることは
できませんでした(汗)
出来るだけ違和感のないように心がけながらバランスを取ります。

デントリペアの最終仕上げはバランスが大事!!
かなり丁寧に仕上げて頑張りましたが、やはり少し違和感が残りました。

それでもお客様にはご満足いただけたようで、
かなり喜んで頂けたので結果OKかな?と(^^ゞ

デントリペアのDIY、押し出す・引っ張るキット等やり方は様々ですが、
どれも上手にいくことは極めて稀です。
気になる凹みが出来たらなるべく専門店へお持ちしましょう☆

もちろん当店へお持ちいただければ最高ですが(笑)

ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 60分   工賃 16,200円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す