やはりプレスライン上の深い凹みは大変です(@_@)

千葉県よりデントリペアご依頼でご来店のスバル WRX☆

スバルの名機と言われるEJ20搭載のお車ですね。
マニアの方はこのエンジンが無くなると聞いて購入した方も多いとか?
当店ではなぜかここ1か月以内にデントリペア・ガラスリペアご依頼で
5台のWRXが入庫。
なかなか同じ車両が立て続けに入庫も珍しいのですが、
なんと5台ともこのブルーカラーでした(@_@)

そんなブルーWRXの1台。
助手席ドアのプレスライン上に強烈な一撃・・・・
塗装面にも1点集中でキズが出来てしまうほどの強烈デント。

余程、鋭利な物とかカドがぶつからなければ
ここまでのダメージはないと思います。
こんなめり込むような凹みは中心を強引に押しても出ない事があるぐらい、
内部は硬くなってしまっている事が多いです。

オマケにそもそも硬いプレスライン上に出来てしまっては尚更、
難易度は高いです(T_T)
とは言え、いつもお伝えしているように1点集中の凹みは押す場所は
決まっていてピンポイントなのである意味リペアしやすいとも言えます。
もちろんピンポイントを正確に押し出せる精密さが必要になりますが。

そしてだだ押し出すだけではなくちょっとしたコツがあるんです。
それが分かれば意外と綺麗にリペアする事ができます(^_^)v

凹みが綺麗に出てきたら周りとバランスを取ってあげてリペア完了です☆
流石に衝撃点の1点集中の塗装のキズは残りましたが、
殆ど気にならないと思います。
もちろんクッキリしたプレスラインの復活です(^^)/

これで乗降・洗車でも気分が下がることはないですね!!
ご依頼ありがとうございました!!

作業時間 90分  工賃 33,000円

ご来店・ご予約前にご確認を
当店スケジュール

当面の間、コロナ感染拡大防止の為、お見積りの際のご説明は
お客様と一定の距離を開けてのご説明となりますので
聞き取りにくい場合などもございますが、ご了承ください。
もちろん、聞こえない・教えて、などはお気軽にお声掛けください☆
また、作業中のお車はの窓はすべての窓を全開とさせて頂きます。
待合室も十分な換気を取らせて頂きます。
あらかじめご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す