深さのある凹みは、忍耐が必要です☆

千葉県千葉市よりデントリペアご依頼でご来店のスバル フォレスター☆

助手席側のフロントドアに強烈に凹みが(@_@)
プレスライン下部に一撃、なんですがあまりの衝撃にプレスラインを超えて
上部にまで凹みが達しています。
しかも凹み中心には傷のオマケつき!!
更に下の方にも良く見ると5㎝程の縦長の凹みが・・・・

お隣に停めたお車の大き目のドアにでも当てられたのでしょうか??(@_@)
中でもダメージ大はやはりプレスラインに近い上部のヘコミ。
こんな傷のあるヘコミは1点集中のヘコミなので、
もちろん内部は硬く押し出すにはデリケートな力加減が必要になってきます。
ましてプレスライン側となればドア全体の中でも、張りのある部分なので
2重で硬いヘコミって事になります(T_T)

こんな時はどこから押し出すのか?
もちろん一番深い傷の部分から攻めていくんですが、
凹みの形状・硬さを確認しながら全体的にバランスを取りながら
プレスラインも含めてデリケートに押し出していきます。
ここは根気がいるので、我慢できずに思わずエイって押しちゃうと
後々の仕上がりに影響して余計に時間が掛かるので、
途中イライラしてもグッと我慢です(ー_ー)!!
易しく丁寧を心掛けて押し出してあげれば、
バランスも崩れず歪みのない元のボディラインの復活です!!

ただでさえ凹みが出来てバランスが崩れたパネル、
リペアするのに強引に触ってさらにバランスを崩せば、
時間が掛かるのは当然です。
出来るだけ凹みの出来たパネルの状態をこれ以上に崩さないよう
動かしてあげるのが大事なんです。
必要最低限だけ鉄板を動かす事が出来れば、
リペア最終段階の仕上げの処理ももスムーズに
行う事が出来て仕上がりも綺麗です。

最近のお車はどのメーカーも鉄板が薄くなり
プレスラインの角度もキツイものが増えているようです、
当社でもあらゆる状況に対応できるよう日々研究ですね。
圧倒的な施工台数・15年以上の経験と実績で愛車の凹み消し去ります!!
愛車のヘコミでお困りなら、お気軽にご相談ください☆

作業時間60分  工賃 33,000円

ご来店・ご予約前にご確認を
当店スケジュール

当面の間、コロナ感染拡大防止の為、お見積りの際のご説明は
お客様と一定の距離を開けてのご説明となりますので
聞き取りにくい場合などもございますが、ご了承ください。
もちろん、聞こえない・教えて、などはお気軽にお声掛けください☆
また、作業中のお車はの窓はすべての窓を全開とさせて頂きます。
待合室も十分な換気を取らせて頂きます。
あらかじめご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す